由有り事。

徒然なるままに。

iPhone 6/6s Smart Battery Case その④ (iPhone 8にはめてみました)

まさか、またこうしてSmart Battery Caseについて書くとは。

 

Apple純正のバッテリーケースである「Smart Battery Case」、iPhone 6sをガシガシ使っても常時「バッテリー100%」を維持してくれる頼もしさは凄いです。

 

 

↓これまでの記事↓

 

 

 

 

 

 

 

現在もガシガシ・・・と書きたいところですが、現在はあまり使っていないのです。なぜならiPhone 8に買い替えたから。

 

8に買い替えた時、Smart Battery Caseが発売されていないことを知ってガックリきました。

 

6s用の後、7のが出たから、8のもあるかと思いきや無く、しかしXsやXR用のは発売されている・・・Appleの狙いは何なんでしょう、不明です。

 

 

とはいっても、裏面がキラキラのガラスになった8を裸で持つなんて・・・と思い、すぐにケースを買いましたよ。ケースをはめないとガタガタするのも気になりますし。

 

でも、しばらくしてふと、8って6sに似てるよな、と気づきました。

もしかして、6s用のやつにはめてみたら使えたりして・・・?

 

はめて見たところ、見事ハマりました!

Apple純正のならではの、両方のバッテリー残量が表示されるやつも!

(写真は6sにはめた時のモノですが、8でも同様でした。)

f:id:sibaduke:20190118105809j:plain

え、ちょっと待って。8用のSmart Battery Caseなんて発売されてないよね・・・(笑)

ホントは発売する予定だった、とか?

 

互換性があるなんて書かれてないけど、結局使えそうじゃん!

と思いきや。

 

カメラの写りが、ヘン。

どうして?と思って見てみたら、こんな感じ。

f:id:sibaduke:20191023015151j:plain

あぁ!

これでは互換性がないですね。諦めて元に戻しましたよ。

 

しかし、考えてみれば

Smart Battery Caseをはめると、イヤホンジャックがほぼ使えなくなる。

けれど8にはそもそもイヤホン端子が無いし。

普段、写真を撮るのはデジカメだし・・・

 

という方なら特に不便でもないかも?