由有り事。

徒然なるままに。

『ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方』- ゲッターズ飯田

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

 

なんだか最近、マイナスなことが重なる。「運が悪い」なぁ。

そう感じて気分が優れないなんてこと、経験したことのある方もいらっしゃると思います。運は目に見えませんからね。

 

そんな時は何をやっても上手くいかないから、大人しくしているというのも一つの手。しかし今回は、「運が良い・悪い」について別の見方に触れることができました。

 

今回読んだ本は『ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方』です。

ゲッターズ飯田さんといえば、テレビなどで赤いマスクを着けていらっしゃる占い師の方です。「あぁ」という方も多いはず。

 

この本では、占いでしばしば耳にする

運気の「良い」「悪い」を

「表運気」と「裏運気」と表現していました。

 

運気というものには、誰でも波があり、「裏運気」の時は普段自覚できていない裏の自分が表に出てくるといったものです。

これまでと違うものに興味が湧いたり、大好きだったものがどうでもよくなったり。

 

運には周期があり、いつか必ず「裏運気」がやってくるとのこと。

その時期にはどのようなことを心掛ければいいのか、参考になるアドバイスが書かれていました。

 

「なんだか最近は八方塞がりだなぁ」

と感じている方は、もしかしたら「裏運気」の時期なのかも。

 

ピンチと感じていたものが実はチャンスであったり。

「裏運気」の波、せっかくなら乗りこなしてみようではありませんか。

 

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方