由有り事。

徒然なるままに。

高級店の紙袋

 普段の買い物で頂く「袋」、たいていはビニール袋のことが多いですよね。電池一個やお茶一本といった時はテープで済ませることもありますが、何かと便利そうなので袋に入れてもらうことが多い気がします。

 高級なお店で頂く「袋」、たいていは紙袋のことが多いですよね。わざわざ袋に入れなくても良さそうなものでも、何かと便利そうなので袋に入れてもらうことが多い気がします。

 

 しかしその後の使い道はどうでしょう。ビニール袋はごみ捨てなどの際に使えるのですが、一方で紙袋はどんどん溜まっていくのです。

 誰かに物を渡すときに紙袋に入れることがありますが、その際は袋と中身の差が少なくなるようにしています。開けた時にガッカリされてはいけませんからね。

 

 そんなことをしているうちに、残っていくのは高級なお店の袋ばかり。となれば、一層のこと普段のカバン代わりに利用していくのが良さそうですね。汚れたり破けたりしてきたら、古紙のリサイクルに出せば良いですし。

 しばしばこういった人を見掛けたことがありますが、あれは有効な使い道だったんですね。