読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由無し事。

徒然なるままに。

『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』 - スティーブ・シーボルド

一流の人々と二流の人々では、どこが違うのか。

日常生活を送っている中で、ふと思ったことはありませんか。

 

たいていの場合、答えが出ないまま忘れていることが多いと思います。

今回は、そんな疑問に答えてくれる一冊に出会いました。

 

その本のタイトルは『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』です。

原題は『177 Mental Toughness Secrets of the World Class』というもの

 

タイトルからして、いかにも自己啓発本であり、ビジネス書そのものです。

こういった類の本に抵抗のある方なら、まず手に取ることすらないでしょう。

 

著者は、スティーブ・シーボルド(Steve Siebold)さん。アメリカの経営コンサルタントであり、学生時代に一流の人々の研究を始め、二流の人々とはどう違うのかを調べたのだそう。さすがですね。

 

自己啓発本というと、読みやすくて内容のアッサリした本が多い中、こちらはコッテリしており、読み応えがありました。私は毎日少しずつ読み進め、数日掛けて読み終えました。

 

大まかにまとめると、一流の人々も二流の人々も元は同じ人間であり、どのような意識をもって日々を過ごしてきたかによって、一流と二流に分かれているということです。

 

つまり、現状に甘んじることなく、行動や意識を少しずつ変えていけば一流の人間になれるということ。少しずつ自分を変えていき、一流の人々の仲間入りをしたいものですね。

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

 

 

177 Mental Toughness Secrets of the World Class (English Edition)

177 Mental Toughness Secrets of the World Class (English Edition)