読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由無し事。

徒然なるままに。

『「脱・値引き」営業』 - 山口勉

 街の電器屋さんで、家電を買っていますか?

 

 私はほとんど買ったことがありません。あるとすれば、子供の頃にラジコンの電池を買いに行ったぐらいでしょうか。たいていの場合、家電のほとんどは大手の家電量販店にて買っています。そのほうが安く買えるからです。

 家電を買うときは、家電量販店やホームセンターへ行き、様々な製品を見比べて選ぶという方が多いのではないでしょうか。最近ではネットショップで購入する方も一般的になってきたと思います。

  

 どの街にいってもたいてい一つはある街の電器屋さん、新しく増えることは皆無に等しく、減っている一方に思います。その理由は「安くない」からで間違いないでしょう。ただし、なぜ無くならないのかは街の布団屋さんと同様、不思議に感じていました。

  店頭の品揃えも、価格の安さも、大手の家電量販店に敵うはずがないのは明らかだからです。

 

 今回読んだ本は『「脱・値引き」営業』です。

  この本は、東京都町田市にある街の電器屋さん「でんかのヤマグチ」の社長、山口勉さんが書かれています。多くの人々が家電量販店などで家電を買っている現代、いかなる経営方法をとっているのかと、私はタイトルを見た瞬間に思いました。

 

 大手の家電量販店は、価格の安さを魅力としていますが、お客さんが買ってくれたらそれっきりですよね。それに対し「でんかのヤマグチ」は定価販売を原則としていますが、その代わりに買ってくれた後のサポートが充実しているのです。

 イメージとしては、サザエさんに登場する三河屋さんのようです。お客さん一人ひとりと顔なじみで、ニーズを熟知しているのです。

 自分のお店で購入された商品を把握しているので、定期的に製品の調子を確認してくれたり、買い替えの時期になれば新商品の提案をしてくれるのです。

 何かあったら頼める安心感、それは大手の家電量販店などでは対応できないサービスですよね。

 

 いかに安く買えるかを求めるのではなく、いかに安心して任せられるかを選ぶのも、お店選びの一つのポイントかもしれませんね。

 同業種の方にはもちろん、他業種の方にも参考になる手法が沢山入っていると思いました。価格の安さだけを自社の強みにしていれば、遠からぬうちに限界が来ます。いかなる付加価値を提供するかどうかを見極めることが、長く続けていくことのカギでしょう。

 「あなたにお願いしたい。」と言われるのは、信頼されているからです。商売かどうかに関わらず、こう頼まれたら嬉しいですね。

 

「脱・値引き」営業

「脱・値引き」営業