由無し事。

徒然なるままに。

『試験に出ない英単語』 - 中山

 学生時代、英語の勉強といえば、「単語」と「文法」を身につけることに重点が置かれていました。試験対策には、教科書の太字や新出単語をチェックして、ノートを見返したことを覚えています。

 高校入試の際には、「英検何級を持っていれば内申点に何点加算する」といったこともあり、熱心に勉強した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 書店の参考書コーナーに行くと、「試験に出る順○○」といった、語彙力を向上させ、入試に直結する単語帳が目に留まります。なぜなら、学習の意図は英語を流暢に話せることではなく、志望校に合格するためだからです。

 

 私が英単語の学習に使ったのは、キクタンAdvanced6000という単語帳でした。選んだ理由は、私が見比べたのではなく、単に学校で指定された本だったからです。

改訂版キクタンAdvanced6000 (アルク学参シリーズ)

 単語帳というと、ただ単に英単語と意味、そして例文が載っているだけの無味乾燥な本のイメージがあるかもしれませんが、こちらはリズムに合わせて聴きながら声に出していく形で、反復しているうちに覚えていけるのが良い所です。

 

 テストのための英語学習を終えると、仕事などで使う場合を除き、進んで勉強をしたいと思う方は多くないはず。なぜなら、学校で学ぶ英語は会話のためのものではありませんからね。

 先日、私は衝撃的な内容の単語帳に出会ってしまいました。その名も

試験に出ない英単語』。

試験に出ない英単語

 

 ん?どこが衝撃的かって?

 タイトルをよく読んでください、試験に出ない順ですよ!学生の頃、あんなに効率的なテスト対策を考えていたのに、これは・・・。読むしかありませんよね(笑)。

 

 内容はというと、結構な頻度で下ネタが登場するので、学生が読むには相応しくないと思いました。むしろ、内容が理解できないかもしれません。かなりディープな内容でした。

 ちなみに、笑いが止まらなくなるようなネタが時々登場するので、電車や図書館の中などで学習することはオススメ出来ません。試してもらいたいような気もしますが。もちろん、真面目に受験勉強をしている学生にプレゼントすることも控えるべきでしょう。勉強したところでテストに出ませんので。

 

 試験に出ない英単語帳、今まで見たことのないジャンルですよね。日常生活で出てくる(かもしれない、知らなくてもいい)英単語、手を出してみるのはいかがでしょうか。