読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由無し事。

徒然なるままに。

日の出と共に。

 おはようございます。五月の空は目覚めが早いですね。まだ五時台といっても、すでに外は明るいです。窓を開けると、心地の良い風が入ってきて、スッキリと目覚めることができました。

 

 昨晩は早く寝て、今朝は日の出の時間に目覚めました。目覚ましは段階的に音量が上がる設定にして、音色も心地よいものに設定したため、起きるのが楽でした。

 睡眠時間は、さほど長くなかったのですが、身体の休まる時間帯に寝ていたおかげか、頭も心もリセットされたような感覚です。

 夜遅くまで起きて、朝の遅い時間に起きがちですが、夜は早めに寝て、朝早く起きると、よりスッキリとした目覚めを得ることができます。

 

 私が早朝に目覚めたときは、お茶をゆっくり飲んだり、読書をしたりして過ごしています。朝の時間はたっぷりとあり、頭の容量に余裕があるためか、有益な情報をたくさん取り込めるように感じます。

 日中は、あらゆる情報が飛び込んでくるため、無益な情報で頭が一杯になりがちです。せっかくの有益な情報を取りこぼしてしまうより、朝のうちに取り込んでおくほうが良いですね。

 

 日の出の時間に起きることは、現代の生活習慣からみると特殊なもので、たいていの場合、出かける時間から逆算した時間に目覚めることが多いと思います。しかし、人間も動物の一種です。時計も明かりも無かったころ、日が昇ると共に目覚めていたのではないでしょうか。

 明かりが当たり前のように存在する現代は、日中に寝て夜中に活動することも可能ですが、可能な限り自然なスタイルで生活したほうが身体に良さそうに思います。

 

 日の出の時間に目覚めなくとも、いつもの一時間前に起きるだけで、自分だけの時間が手に入り、心に余裕を持つことができます。是非、充実した朝を過ごしてみてはいかがでしょうか。