由有り事。

徒然なるままに。

『ファーストクラス TRAVEL GUIDE (イカロスmook)』

飛行機関係の本を読んでいると、結構な割合でイカロス出版な気がします。いちいち確認したりしませんが。 今回読んだ本も、イカロス出版からでした。 飛行機で旅行する際、私を含め、いつも多くの方々がお世話になっている席、エコノミークラス。行楽シーズ…

『成毛流「接待」の教科書 乾杯までに9割決まる』- 成毛眞

読書はイイですね~。 読めば読んだ分だけ、その分野の知識を深めることができるのだから。 特に著者がこれまでに経験してきたことが凝縮されているようなものだと、たった数時間でその方の人生経験も出来てしまう、というように。 著者が紆余曲折を経て今の…

『へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」』

ハワイ島に行きたい。ハワイではなく。 今回読んだ本は『へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」』です。 ハワイと聞いて、まずハワイ島を思い浮かべる方って、どれくらいいらっしゃるのでしょうか。 おそらく、かなり少数だと思います。 ちなみに私の場合はハ…

『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』- 四角 大輔, 富松 卓哉, 長田 雅史, 野澤 哲夫

なんかイイ、すごくイイ! よし、今からニュージーランド行ってきます! と言いたくなった一冊でした。 今回読んだのは 『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』 です。 今の私にとって、ニュージーランドは何だか魅力的。でも、行ったこ…

『やめてみた。』- わたなべ ぽん

苦手なことをするとき、やらねばならないだと、なかなか重い腰が上がらない。 部屋を片付けねばならない、本を読まねばならない、早起きせねばならない、などなど人それぞれだと思います。 やらなくて構わないことなら、やらなくていいですが、やる必要があ…

『ダーリンの東京散歩: 歩く世界』- 小栗左多里&トニー・ラズロ

『大の字』シリーズ。 オーストラリア、ハワイと読んで、今回はついに国内です、それも東京。 今回読んだのは 『ダーリンの東京散歩: 歩く世界』です。 タイトルに『大の字』とありませんが。 『大の字』シリーズを読んだことのある方にはお馴染みの、全編イ…

『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』- 神田桂一 菊池良

タイトルを読んだだけで、内容は推して知るべしですが(笑) 浅い、ほんとうに浅い・・・。 こんなにタメにならない本、久々かも。 ああ、予想通り。 ほんとうにカップ焼きそばの作り方しか書いてありませんでした。 「さおだけ屋」とは大違い。 世界的な名著…

『たのしい回文:くるくる回るアタマをつくろう』- せとちとせ

突然ですが、「回文」ってご存知ですか。 「うたうたう」といったように、頭から読んでも後ろから読んでも、同じように読める言葉のことです。 特にこれといったメリットがあるわけでもなく、言葉遊びの一つのようなもの。 そんな「回文」ですが、これに特化…

『ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方』- ゲッターズ飯田

なんだか最近、マイナスなことが重なる。「運が悪い」なぁ。 そう感じて気分が優れないなんてこと、経験したことのある方もいらっしゃると思います。運は目に見えませんからね。 そんな時は何をやっても上手くいかないから、大人しくしているというのも一つ…

『地球で「生きづらいなぁ」と思ったら読む本』- オレンジャー

タイトルに惹かれました、はい。 そして、このゆるい感じのイラストにも。 今回読んだ本は 『地球で「生きづらいなぁ」と思ったら読む本』です。 表紙の第一印象のとおり、気楽に読むことのできた作品でした。 タイトルにピンときましたか? 「地球で生きづ…

『さおり&トニーの冒険紀行 ハワイで大の字』- 小栗左多里&トニー・ラズロ

『大の字』シリーズ、ハマりました。 先日はオーストラリア編を読みましたが、今回はハワイ編を。 今回読んだのは 『さおり&トニーの冒険紀行 ハワイで大の字』です。 ↓過去記事↓ (オーストラリア編) sibaduke.hateblo.jp 今回の作品でも共通していることで…

『自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング』- アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ

夢を叶え、幸せな人生を歩みたい。 夢のない人なんていないと思います。ないと思っているなら、それは日々の生活に埋もれ、思い出せなくなっているだけかもしれません。 今よりもっと充実した人生を歩みたいとき、人は自己啓発本を読んだりセミナーに行った…

『さおり&トニーの冒険紀行 オーストラリアで大の字』- 小栗左多里&トニー・ラズロ

オーストラリアに行ってみたいなぁ~。 日本とは比べ物にならないほどに広い国土、そこに大自然が広がっていて、地球というものを改めて感じることができそうな気がするのです。 海外旅行の本というと、私はまず旅行ガイドブックを思い浮かべますが、一冊に…

『パリのマルシェを歩く』 - 原田幸代

「マルシェ」。 そう聞くだけでお洒落な印象を受けるのは私だけでしょうか。 まぁフランス語で「市場(いちば)」と言っているだけなのですが。 日本だとあまり馴染みのないマルシェですが、欧米だと一般的なんでしょうかねぇ。屋外でお店の方と直接話しながら…

『[図解]「好き」を「お金」に変える心理術48』- DaiGo

「メンタリスト」と聞くと、まず何を思い浮かべますか? 私の場合、アメリカのテレビドラマです。 アメリカの人気ドラマって、シリーズがいくつもあって、世界中に配信されていて、一体どれだけ儲かるんだろう、主役のギャラって、とてつもないんだろうなぁ……

『夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方』- 大鈴 佳花

夢を叶えるにはどうしたらいいのか。 その方法って、沢山あると思います。 御守りを買う パワースポットに行く 天に祈る 紙に書き出す 夢を語り続ける ひたすら頑張る などなど・・・。 人それぞれ、といったところでしょうか。 大抵の場合、どこかで聞いた…

語釈がユニークな『新明解国語辞典』

知らない単語が出て来た時、手を伸ばすのは何でしょうか。 現代ならインターネットで検索する方が一番多いのかもしれません。 少し前なら電子辞書でしょうか。 一つの言葉を入力すると、複数の辞書の内容が表示される上、コンパクトなのでどこへでも持ち運べ…

『くらべる値段』- おかべたかし

普段の生活で何気なく使っている品々に、こだわりをもっていますか。たいていの場合、好きなものなら高くても買うけれど、特に興味のないものなら、なるべく安く買いたいと思うことが多いですよね。 好きなものを買うとき、私たちはモノの「価値」に注目する…

『ドラゴンクエスト30thアニバーサリー ドラゴンクエスト名言集 しんでしまうとは なにごとだ!』- 堀井雄二

「おはよう ございます。 ゆうべは おたのしみでしたね。 ドラクエ1でローラ姫を救出後、お姫様抱っこをしたまま宿屋に「宿泊」した翌朝、宿屋の主人に言われた一言です。あえて遠まわしに言うあたりがいいですよね。まぁ、真相は明かされぬままですが。「…

『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』- 西中 務

この本を手に取った理由は、タイトルが目に留まったからです。始めて読む著者の場合、よくあることですね。 今回取り上げる本は『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運の良くなる生き方」』です。 「運が良くなる」などといったタイトルの本は、普…

『俳優の教科書』- 三谷 一夫

「俳優」。 彼らは、テレビ画面の向こう側、映画館のスクリーンの向こう側にいて、画面越しにならいつでも会えるのに、実際に会うことは難しいという不思議な存在。 たとえ、バラエティ番組などで素顔を見せていても、ひとたび役に入り込めば別人になってし…

『頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく』- サチン・チョードリー

新しいアイデアが浮かぶと、まずは頭の中で色々と考え始め 「ああでもない」「こうでもない」「・・・。」 そして、タイミングを逃す。なんてこと、経験はありませんか。 今回取り上げる本は『頭で考える前に「やってみた」人が、うまくいく』という本です。…

『マンタの天ぷら』- 松任谷 正隆

音楽好きも、そうでない方も。日本人なら誰もが知っている「ユーミン」こと、松任谷由実さん。今回はそのユーミンではなく、ご主人の松任谷正隆さんについて。 取り上げるのは、正隆さんの著書『マンタの天ぷら』です。 奥様と同じ音楽家でありながら、テレ…

『愛だナ!』- 安田成美

エッセイを読んでいると、作者さんとお会いして、お話を伺っているような感覚になります。生き方の参考になることはもちろん、たまに読むといい気分転換になるのも魅力の一つです。 今回読んだのは、安田成美さんの『愛だナ!』というエッセイです。いつもニ…

『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』 - スティーブ・シーボルド

一流の人々と二流の人々では、どこが違うのか。 日常生活を送っている中で、ふと思ったことはありませんか。 たいていの場合、答えが出ないまま忘れていることが多いと思います。 今回は、そんな疑問に答えてくれる一冊に出会いました。 その本のタイトルは…

『折れる力 流されたほうがうまくいく』 - 吉田 照幸

頑張っているのに、結果がついてこない。 周りに認められない時、あなたはどうしていますか。 たまたまタイミングが良くなかったのだと考え、このままやり続ける。 周りの人はセンスがないのだと考え、このままやり続ける。 自分には実力・実績があるのだか…

『「脱・値引き」営業』 - 山口勉

街の電器屋さんで、家電を買っていますか? 私はほとんど買ったことがありません。あるとすれば、子供の頃にラジコンの電池を買いに行ったぐらいでしょうか。たいていの場合、家電のほとんどは大手の家電量販店にて買っています。そのほうが安く買えるからで…

『試験に出ない英単語』 - 中山

学生時代、英語の勉強といえば、「単語」と「文法」を身につけることに重点が置かれていました。試験対策には、教科書の太字や新出単語をチェックして、ノートを見返したことを覚えています。 高校入試の際には、「英検何級を持っていれば内申点に何点加算す…

『絵で見てイメージ! 前置詞がスッキリわかる本』 - 株式会社ウィットハウス

英語を勉強していると、必ず出てくる文法用語である「前置詞」。文法書などを読んでも、専門用語で解説されたところで、なんだか意味が分かりにくく、苦労した経験のある方も多いかと思います。 私が印象に残っているのは、壁に時計が掛かっているのに「on」…

『村上ラヂオ3: サラダ好きのライオン』 - 村上春樹

私は待ち合わせをする際、いつも30分前には着くようにしています。相手は私のために時間を割いてくれている訳で、まれに渋滞や遅延があっても、時間までに到着できるので安心なのです。 たいていの場合、30分前に到着できるため、相手が来るまでの間は「スキ…