読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

由無し事。

徒然なるままに。

『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』 - デービッド・アトキンソン

 私は、本を読むことは、読者の人生を豊かにすると考えています。自分とは違った人の「考え」や「解釈」を聞くことで、一つの事柄を様々な角度から見ることができるようになるためです。

 日常生活の中で、読書をするための時間はいくらでもあります。誰かと待ち合わせをすれば、相手が来るまでの時間、仕事の休憩時間、電車に乗っている時間など、現代ではこうした時間をスマホで埋めている人が多いですが、私はなるべく本を読むようにしています。

 

 今回取り上げる本は、イギリス人のデービッド・アトキンソンさんが、イギリス人の視点から日本の分析をした作品である

イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」 (講談社+α新書)

です。この方は以前、ゴールドマン・サックスにてアナリストの仕事をされていましたが、現在は日本の国宝や文化財の補修を手がける小西美術工藝社の社長を務めています。趣味が茶道など、日本を愛していらっしゃる方です。

 

 日本で生活をしていると、独自の習慣や考え方に染まっていることを忘れがちな気がします。そのままでも日常生活に支障はないかもしれませんが、外国の方から見た日本の「強み」や「弱み」を理解することは、日本に住む私たちにとって有益なものではないでしょうか。

 アナリストという仕事をされていたため、本の中でも数字やデータを用いて冷静な分析がなされています。数字に強い方であればデータから、そうでない方も解説を読むことで理解することができると思います。

 

 この本を読むことで、当たり前すぎて気づかなかった「日本」を改めて見ることができます。喜ばしいことも、そして時には耳が痛いこともありますが、客観的に日本を見直すには良いきっかけになると思います。

 

 

ハワイの台風(ハリケーン)

 2016年もついに「台風」シーズンですね~。

 

 台風1号が7月3日に発生しましたが、去年は1月13日だったそうです。6・7月から発生し始めるのが通常かと思いきや、今年はなんと観測史上2番目の遅さとのことです。台風1号は日本に上陸することが「まれ」なためでしょうか。

 

 日本に住んでいると、台風がくることは当たり前のことなので、よほど猛烈に降らない限り、会社に通勤しますよね。台風が来る度に

きょうは会社休みます。

なんて言ったら、永久にお休みを頂くことになるかもしれません。

 

 

 数年前の夏、ハワイのオアフ島に滞在していたときにハリケーンがやってきたことがあります。南の島だし、いつものコトなのかなぁと悠長に構えておりました。

 しかし、ハワイに最接近する数日前から、テレビやラジオではハリケーンのニュースばかり放送するようになり、当日のホノルル市内の浸水予測まで・・・。これはとんでもない時期に来てしまったと焦りました。

 

 ニュースで騒いでいるわりに、当日の朝になっても雨はパラパラ降るだけで、一向に予想していたような雨が降らなかったため、朝ごはんを買いにいきました。すると、本来なら営業中のはずのどのお店も、「ハリケーンのため閉店中」の張り紙が。やはり、台風と比較にならないほどの規模のものが来るのだろうと考え、すぐにホテルに戻りました。

 部屋で過ごしていると、次第に雨が強くなり、いつも日本でおなじみの「強い雨」が降りました。しばらくすると雨は上がり、ニュースを見ても、ハリケーンは通過していました。

 

「あれ?? これだけ??」

 

 南の島に住む人々がこれだけ大騒ぎするのだから、とんでもない規模かと思いきや、ただの「強い雨」程度でした。もちろん、街はなんともなく拍子抜けするほど。意外にも、ハワイの人々は台風に慣れていないことに驚きました。

 

 ハワイにいった際、ハリケーンが近づいてきても、日本で台風が来たときと同様に備えていれば十分に対処できます。あらかじめ買出しなどに行っておき、部屋の中でおとなしく過ごしましょう。日本のように、大雨の中を出歩く必要はありませんよ。

 

 

 

日の出と共に。

 おはようございます。五月の空は目覚めが早いですね。まだ五時台といっても、すでに外は明るいです。窓を開けると、心地の良い風が入ってきて、スッキリと目覚めることができました。

 

 昨晩は早く寝て、今朝は日の出の時間に目覚めました。目覚ましは段階的に音量が上がる設定にして、音色も心地よいものに設定したため、起きるのが楽でした。

 睡眠時間は、さほど長くなかったのですが、身体の休まる時間帯に寝ていたおかげか、頭も心もリセットされたような感覚です。

 夜遅くまで起きて、朝の遅い時間に起きがちですが、夜は早めに寝て、朝早く起きると、よりスッキリとした目覚めを得ることができます。

 

 私が早朝に目覚めたときは、お茶をゆっくり飲んだり、読書をしたりして過ごしています。朝の時間はたっぷりとあり、頭の容量に余裕があるためか、有益な情報をたくさん取り込めるように感じます。

 日中は、あらゆる情報が飛び込んでくるため、無益な情報で頭が一杯になりがちです。せっかくの有益な情報を取りこぼしてしまうより、朝のうちに取り込んでおくほうが良いですね。

 

 日の出の時間に起きることは、現代の生活習慣からみると特殊なもので、たいていの場合、出かける時間から逆算した時間に目覚めることが多いと思います。しかし、人間も動物の一種です。時計も明かりも無かったころ、日が昇ると共に目覚めていたのではないでしょうか。

 明かりが当たり前のように存在する現代は、日中に寝て夜中に活動することも可能ですが、可能な限り自然なスタイルで生活したほうが身体に良さそうに思います。

 

 日の出の時間に目覚めなくとも、いつもの一時間前に起きるだけで、自分だけの時間が手に入り、心に余裕を持つことができます。是非、充実した朝を過ごしてみてはいかがでしょうか。

「お早うございます。」

「おはようございます。」や「おはよう。」

という言葉は、単に午前中の挨拶の一つですよね。普段の私はそう捉えていました。

 

 「おはよう」は「お早う」ですが、ひらがなで書くことが多いせいか、この言葉から「早い」ということをイメージすることは少なく、無意識に使っているように感じます。業種によっては昼夜問わずに使われていますよね。

 

 普段の生活では、知らず知らずのうちに「遅寝遅起き」の習慣が身についていたせいか、朝早く起きることは多くありませんでした。昨晩も、いつも通りの「遅寝」でしたので、「早寝早起き」とは縁遠い日々を過ごしています。

 これまで、早起きは良いことであると耳にしていたものの、しっかり睡眠時間をとりたいという気持ちが強く、実践することは多くありませんでした。しかし今朝は、なぜか日の出よりも前に目覚めました。せっかく早起きしたのなら、それを体感してみようではないかということで、早朝から一日のスタートを切っています。

 

 目が覚めると、カーテンの隙間から薄く外の光が入り込んでいて、外に出たところ、想像していたよりも明るくて昼間のようでした。街は静かで、聞こえるのは鳥の鳴き声と新聞配達のバイクの音ぐらい。空気も澄んでいて、頭と心の中がすっきりしていました。のんびりとお茶を飲んでいたら、色々なアイデアが浮かんできたり、不思議な感覚です。

 そんな中、思い浮かんだことの一つに「お早う」があります。普段なら焦点を当ててこなかったことにふと気づくことができたり、想像以上に実りの多い時間です。

 

 早起きのメリットは、日の出の時間ほど早くに起きなくても、いつもより1時間早く起きるだけで得られそうですね。ギリギリまで寝て、あわてて支度をして出かけるよりも、ゆっくりお茶を飲んだり、ゆっくりと朝食をとったりしたほうが、充実した一日のスタートを切れそうです。

 今朝の私は「遅寝早起き」でしたが、徐々に生活リズムを整えていこうと思います。それほど得るものが多く感じられました。

 

 「お早うございます♪」

寝すぎた朝には「カフェイン」を?

 「明日は休み!」

という日の晩、私はよく目覚ましをつけずに寝ることが多くあります。心無いアラーム音に起こされず、自分の好きな時に起きられることは、ときに私にとって「三文の徳」以上に嬉しいものです。

 もちろん、早起きをすることのメリットは知っていますが、たまには自分に優しくしてあげるのも大事なコトかと。

 

 しかし、自分の身体の都合で目覚めると、いつもより1~2時間遅く起きた時は問題ありませんが、たまに10時間以上寝てしまい、目覚めると共に

「せっかくの休日に、なんてコトを!」

と後悔してしまうことがあります。長時間睡眠は、身体が疲れていたのだろうという前向きな意味づけをして片付けていますが、その場合、もれなくついてくるものが「頭痛のようなもの」です。

 

 昼過ぎに目覚めたときは、快適な睡眠をとったという幸福感よりも、頭にモヤモヤ感があることに意識が向いていて、その後なかなかエンジンが掛からないことが多くあります。午前中を睡眠に費やし、午後もぼんやりしていては、何のための休日なのでしょうか。

 

 そんな中、この「頭痛のようなもの」を消すことができそうな方法を見つけました。それは「カフェイン」を摂ることです。普段、目覚めてから口をゆすいだ後、コップ一杯の水を飲んでいますが、その一杯をコーヒーや紅茶に変えてみたところ、気づかぬうちに頭がスッキリしていたのです。何度か試してみても同様の効果がありました。

 

 すぐに思い浮かんだのは、コーヒーや紅茶には共通してカフェインが入っていること。目覚まし効果として飲んだところ、「頭痛のようなもの」に作用したのではないかと思われます。

 

 あくまで「個人の感想」であり、暗示的な効果なのかもしれませんが、寝すぎてしまった朝「頭痛のようなもの」を感じた際に試してみてはいかがでしょうか。

ゴールデンウィークの「高尾山」

 今週のお題ゴールデンウィーク2016」。

 GWといえば、どこに出かけても「人」、「人」、「人」、というイメージではないでしょうか。

 そんな時期に、ミシュラン三ツ星に認定された高尾山に登山・・・。人が多そうなのは容易に想像がつきます。

 

 試しに「GW 高尾山」と検索すると、初詣や花火大会のような、駅の大混雑ぶりを見ることができます。つまり普通に行けば、その人波を縫って、ひたすら登りつづけるということです。

 登山経験のある方には、ご来光を見るために登山をしている時のような状況と言えばイメージがつきやすいでしょうか。

 

 では、GWに混雑を避けて登山することは可能なのでしょうか。それを確かめに行ってみました。私が考えたのは、とにかく早く登り始めること。

 早朝に自宅を出て、京王線 高尾山口駅に6:30ごろ到着しました。到着時間が早かったためか、駅構内や登山道の入り口は、まだ空いていました。GWといっても、早朝はひんやりとしていて、長袖のシャツを着ていて正解でした。

 

 今回、選んだルートは「一号路」です。山頂まで、登山道が舗装されているため、とても上りやすい道です。とはいっても、序盤から勾配はきつめで、息が上がりそうなほどでした。 

 すぐに汗をかき始めたのですが、しばらく登るまで自動販売機なども無いため、あらかじめスポーツドリンクなどを買っておくといいと思いました。

 ちなみに登山道の自販機では、ペットボトル一本が180円、山頂周辺では210円になっていました。

 

 道中、案内板が立っており、自分が今どこにいて、どれくらい登ったのかを確認することができます。この案内板を確認して、自分を励ましながら登ったところ、とても気持ちが楽になりました。

 きつい勾配は、序盤から中盤ぐらいまででおわり、その後は比較的するやかな道が続きます。薬王院を過ぎた辺りからは、散策気分でいける程です。

 

 一号路の所要時間は約90分とのことです。私は富士山を始めとして、登山経験があったためか、45分程度で山頂に到着できました。健脚な方や、普段から体を動かしている方であれば、これくらいの時間で登れると思います。

 

 山頂に到着したところ、すでに到着した方々があちこちで休憩をしていました。 まだ売店は開店前のため、各自持参したお弁当などを食べていました。お手洗いは利用できるため、下山する前に済ませておくことができます。

 

 下山のルートも、一号路を選びました。来た道をただ戻るだけでしたが、登ってくる人たちがだんだんと増えてきて、少しずつ混雑してきていることを感じました。

 

 途中にはリフト乗り場があり、下りはリフトを利用しました。一号路の急勾配部分をすべてリフトで下れたので快適でした。降り場は登山道のスタート地点ですので、とても便利な場所にあります。

 上りも下りもリフトを利用すれば快適かもしれませんが、私がリフトを降りた時点で、上りの乗り場は大行列ができていましたので、ひたすら「待ち」になる可能性がありそうですね。

 

 登山道から高尾山口駅までの道は、登りにくる方々で混雑していました。やはり早朝に出発して正解だったようです。

 

 

「読書」の魅力。

 あなたは、読書がお好きですか? 私は好きです。

 

 とはいっても、子供のころから好きだった訳ではありません。数年前に、とある本と出合ったのがきっかけでした。

 

 読書が苦手だった頃の私、本はただ活字だけが並んだものに見えて、積極的に読もうという気にはなれませんでした。そして、そんな気持ちの中、毎年のように出された

「読書感想文」←ああ、この文字を見るだけで頭が痛い・・・(笑)

という課題。読書が好きな生徒には楽しい課題でしょうが、読書が苦手な生徒には、苦行そのもの。(まさに私にとってはそうでした。)

 

 その頃の私にとって活字を読むといえば、小説を読むことを連想していました。小説を読むより、映画を観るほうが楽しめていたので、あえて本を読もうという気が起こらなかったのも当然かもしれませんね。

 

 そんな私が読書の魅力に気づいたのは、ある自己啓発本を読んだのがきっかけです。何をやっても上手くいかない状況にいた時、ふと目に留まったのがその本でした。書いてあることはどれも信じられない内容ばかりで、分厚い本でしたが一晩のうちに読み終えていました。

 

 それ以降は、似たようなジャンルの本をどんどん読むようになっていました。何しろ、活字を追っていると、頭の中では映像が流れていて、気づけば読み終わっているのです。

 

 ちなみに、自己啓発本に書いてあったことを実践してみたところ、少しずつ状況が好転してきました。これも読書が好きになったきっかけの一つでしょう。

 

 読書が苦手な方は、活字アレルギーがあるのだと思います。自分の興味のあるジャンルの本を読んでいくうちに、映像が流れるようになったら、アレルギーを克服した証。他のジャンルを読んでいても楽しめるようになります。

 

 現在の私は、小説も楽しめています。むしろ、時間に制限のある映画よりも、小説のほうが細かな描写をされていて、満足感が高いのです。

 

 今は「読書」に抵抗のある方も、自分の好きなジャンルや、書店で目にとまった本から読み始めてはいかがでしょうか。きっと魅力に気づけることと思います。

『執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣』 - 新井直之

 「お金持ち」になりたいと思ったこと、誰もが一度はあるのではないでしょうか。

 

 「高級ブランドの服に身を包みたい」「ファーストクラスで旅行をしたい」など、お金は私たちの夢を叶えてくれます。沢山のお金を稼ぎ出せれば、それだけ多くのことを実現できるようになるでしょう。

 

 一般的に「お金持ち」は 年収 数千万円~ の方々を表しています。お金持ちに関しては、多くの書籍やセミナーがあることからも、目指す人々が多いことがわかります。

 

 では「大富豪」について考えたことはありますか。 年収 数億円~ の方々は、一般市民の生活からかけ離れていて、考えたこともないという方も多いかと思います。

 

 「お金持ち」を超えて「大富豪」になると、お金で買えるものは全て手に入ります。つまり、私たちの夢は全て叶えられる状態も同然ということ。

 

 「お金持ち」の習慣を学ぶのもいいですが、せっかくなら「大富豪」の習慣を学んでみませんか。

 

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

 

 

米軍放送(AFN)

 「英語力を上げるためには、ただ英語を聞き流せばいい・・・。」

 

 英語力を上げるためには、やるべき事はそれだけではないと思いますが、確かに生の英語を聞き続ける事は大切です。

 日本で生活している限り、生の英語に触れる機会は多くないため、それを補うために高額なリスニング教材が販売されています。

 

 しかし、実は教材の購入などしなくても、生の英語に触れ続けることができる方法があるんです。それは「米軍放送(AFN)」です。

 米軍放送は、日本に駐留している米軍関係者及びその家族向けに放送されていて、英語で放送されています。

 

 ラジオ放送に関しては誰でも聴取することが可能で、聞き流しの方法としてオススメです。日本各地に存在する米軍基地の周辺にて聴くことができます。

AFN Tokyo(東京都:横田基地)

 AM 810kHz

AFN Misawa(青森県三沢基地)

 AM 1575kHz

AFN Iwakuni (山口県岩国基地)

 AM 1575kHz

AFN Sasebo(長崎県佐世保基地)

 AM 1575kHz

AFN Okinawa(沖縄県:キャンプフォスター)

 FM 89.1MHz

 

 ラジオで聴取できる地域にお住まいであれば、カーラジオで選局しておくと、常に英語のリスニングができます。アメリカを旅行しているような気分が味わえます。

 

 米軍放送は、以前は基地周辺の地域でのみ聴くことができましたが、現在はスマートフォンのアプリでも聴取が可能になっています。

AFN Pacific

AFN Pacific

  • doapp, inc
  • ニュース
  • 無料

  アプリを使うことで、基地から離れた地域でも聴くことができます。またAM放送よりもクリアな音質で聴くことができるため、言葉が聴き取りやすくなるだけでなく、音楽もCDを聴いているような高音質で楽しめます。

 

 パソコン上でのストリーミング配信でも聴くことができます。

AFN 360 Internet Radio

 

 アプリとパソコン上のストリーミング配信では、複数のチャンネルが用意されていますので、好みのチャンネルを探してみましょう。

『田辺誠一さんがお答え! ゆるめの人生相談。』 - 田辺誠一

 あけましておめでとうございます。

 年末年始の賑やかな日々が過ぎ、久々に読書をしました。

 

 読んだ本は『田辺誠一さんがお答え! ゆるめの人生相談。』です。

 

 人生相談なのに「ゆるめ」というのが気になり、手にとってみました。田辺誠一さんは最近、独特の絵を描かれることで話題の俳優さんですよね。

 

 『mina』というファッション誌の人気連載をまとめたものらしく、毎号読まれている方にとってはなつかしく感じられるかもしれませんね。

 

 この本の魅力は大きく2つあると思いました。

 1つ目は、相談者へ向けたアドバイスが斜め上を行っていることです。あまりに予想外のアドバイスのせいか、悩みが解決するよりも、悩んでいる心がスッキリしてしまう感じでしょうか。何よりも、田辺さんの優しい人柄が出ていて、読んでいて心地が良いです。

 

 2つ目は、最近話題になっている、田辺さんの書かれたイラストが楽しめることです。可愛らしいイラストが本の全体にちりばめられているので、独特の世界観にひたることが出来ます。

 

 読書が苦手な方でも読みやすく、なかなか魅力的な一冊でした。

 

 

 

Amazonが「Prime Music」を開始しました

 ここ最近、音楽の定額配信サービスが沢山出てきていますね。

 

 LINEの「LINE MUSIC」、Appleの「Apple Music」など、月額料金を払うだけで、自分の好きなアーティストの曲を聴けることはもちろん、最近話題になっているアーティストの楽曲を聴いたり、今の気分に合わせた楽曲を聴くことができるのです。

 

 聴きたいときにすぐ聴ける点は、これまでの音楽配信サービスと同様ですが、一曲ごとに購入をしたり、CDと同等の料金でアルバムを購入しなくても良くなったため、音楽が好きな方々にとってはとても嬉しいサービスとなっています。

 

 ただし、定額配信サービスでは毎日のように音楽を聴いても、月に一度も聴かなくても月額料金が掛かり、このサービスの弱点となっています。

 

 そんな中、興味深いサービスが始まりました。その名もAmazonの「Prime Music」です。有料会員である「プライム会員」向けに、無料で音楽の配信サービスが開始されました。プライム会員であれば、追加料金なしで楽しめるようになったのです。

 

 プライム会員は、年間3,900円の会員料を支払うことで、この他にも、お急ぎ便無料などの配送特典に加え、映画もTV番組も見放題になるプライム・ビデオを利用出来るのです。

 

 Amazonで注文して、当日や翌日などに受け取りたいとき、また配達日時を指定したいとき「お急ぎ便」や「お届け日時指定便」は便利ですが、一般会員は360円、または514円掛かるところ、年に何度利用しても無料なのはとても嬉しいサービスです。

 

 これまでにAmazonを利用したことが有るけれど、プライム会員にはなったことが無い方、またはこれまでAmazonを利用したことが無い方も、一度体験してみてはいかがでしょうか。

こちらは現在、30日間無料でお試し体験が出来ます。

Amazon.co.jp: Amazon Prime

 

 また、学生の方は年間1,900円の会員料を支払うことで、プライム会員の特典に加え、本を購入した際に10%相当のAmazonポイントが獲得できます。次回以降に商品を購入する際などに利用できるため、本を買うことの多い学生さんには大きなメリットです。もちろん送料無料です。

こちらは現在、6ヶ月間無料でお試し体験が出来ます。

Amazon Student

 

 Amazonでのショッピングのためだけにプライム会員になるのも良いし、音楽や動画の定額配信サービスを合わせて利用すると更にお得ですね。

お急ぎ便無料などの配送特典に加え、映画もTV番組も見放題になるプライム・ビデオと100万曲以上が聴き放題になるPrime Musicをお使いいただけます。

 

宝塚歌劇団 「Bon Voyage-タカラジェンヌと出かけよう-」

タカラジェンヌがJ-Popを歌ったら、面白い作品が出来上がりそうだなぁ~

と、思ったことはありますか?


あの格好いい声、美しい声なのだから、間違いないだろう、と。

実は、あるんです!(笑)

私は見つけた時、とても嬉しかったです♪


「Bon Voyage-タカラジェンヌと出かけよう-」

という、このアルバムは、タイトルからも分かるとおり、「旅」をテーマに選曲された一枚となっていて、ドライブに出かける際などにピッタリなんです。

 

Bon Voyage-タカラジェンヌと出かけよう-

Bon Voyage-タカラジェンヌと出かけよう-

  • アーティスト: 宝塚歌劇団,白妙なつ,純矢ちとせ,壱城あずさ,憧花ゆりの,悠未ひろ,舞咲りん,宇月颯,菜那くらら,彩風咲奈,鳳真由
  • 出版社/メーカー: 宝塚クリエイティブアーツ
  • 発売日: 2013/03/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

グッチ裕三 & グッチーズ 「ハッチポッチファミリー」

ハッチポッチステーション」といえば、NHK教育テレビにて放送されていた大人気のテレビ番組です。

調べてみたら、2005年に放送は終了してしまったようですね。時の流れは早いもんです(笑)


私としては、大人気の番組なのに、ラテ欄(新聞のテレビ番組一覧)では「ハッチ」としか書かれていなかったのがとても印象的でした。

 

さすがに、随分前の番組だったこともあり、内容については抜けてしまいましたが、なんといってもテーマソングが大好きでした。

 

聴けば、「懐かし~い♪」となると思います。

先日、ドライブをした際に流したら大ウケしましたよ(^O^)

 

ハッチポッチステーション ?ベスト・オヴ 江戸川サリバンショー?

ハッチポッチステーション ?ベスト・オヴ 江戸川サリバンショー?

 

 

Perfume 「恋は前傾姿勢」

シングルCDは、たいてい1曲目から再生しますよね。その曲のために買っている訳ですから、当然かもしれませんが。

 

CDを聴いているうちに、気が付くとカップリング曲も聴いていることが、しばしばあります。その中には、「これ良い!」という曲も入っていて、今日はその中から一曲紹介してみたいと思います。

 

「恋は前傾姿勢」という曲は、とってもポップな感じの曲で私のお気に入りです。この曲、実は「LEVEL3」というアルバムに収録される予定だったそうで、一度お蔵入りになったとか。なぜ収録しなかったのか、謎ですね~。

まぁ、とにかくCD化されて良かったです。

 

恋は前傾姿勢

恋は前傾姿勢

 

 

miwa 「青空」

私は、miwaさんがカバーする名曲たちが大好きです。

 

今日は「青空」という曲を取り上げてみたいと思います。

 

元々は、THE BLUE HEARTSが1988年に発売した曲を、miwaさんが2010年にカバーして、同年の映画「カラフル」のエンディングテーマに使われました。

 

miwaさんは、MUSIC FAIRに出演された際などに、いろいろなカバー曲を歌われてますよね。この曲は、まっすぐな歌声がとても魅力的です。

 

青空

青空

  • miwa
  • J-Pop
  • ¥250