由有り事。

徒然なるままに。

Amazon Music Unlimited

音楽の聴き放題サービス、使ってますか?

 

好きなアーティストの曲があると、かつては手に入れるために、CDをレンタルしたり購入したりしてきたと思います。

 

かつての私も、そうやってライブラリを増やしてきました。

 

しかし、しばらくすると聴くことは減り、ただ部屋の中で場所を取っているだけになりがちに。

 

そんな頃、Amazon Music Unlimitedを知りました。

初めのころは、利用料金が毎月掛かることや、解約すると曲が手元に残らないということに引っかかりを感じていました。

 

 しかし、物は試しということで登録してみました。

はじめて登録すると無料期間があるため、気に入れば続ければいいし、気に入らなければやめればいいので。

  

Amazon Music Unlimitedの利用料金は

980円/月です。

 

プライム会員は

780円/月、もしくは7800円/年で利用できます。

 

 

Amazonでは、プライム会員に加入していると、会員特典の一つにPrime Musicというサービスがあり、対象となる100万曲以上の曲が無料で聴けるサービスがあります。

 

Amazon Music Unlimitedに加入すると、対象となる曲が一気に6500万曲に増えるのです。

もはや、手持ちのCDなどの量とは比べ物になりませんね。

 

無料体験をしてみたところ、自分の知らなかったジャンルやアーティストと出会うことができました。知らないうちに守備範囲が広がっていったのです。

 

また、サービスを使い続けているうちに、自分の好みにあった曲を提案してくれるようになります。そこから新たな楽曲に出会えるかもしれませんね。

 

 

(プランの詳細、利用料金などは、Amazonの詳細ページでご確認下さい。)

iPhone 6/6s Smart Battery Case その②

無敵感。

 

f:id:sibaduke:20190118105809j:plain

 

あぁ、イイ♫

 

先日、バッテリー交換を機にSmart Battery Caseを導入したのですが、あまりにも気に入ってしまい、またブログに書いているわけです。

 

 ↓前回の記事↓

sibaduke.hateblo.jp

 

今回は気に入っているところ、気づいたことなどを挙げていきます。

 

 

このケースの良いところ、それは

①質感がイイ!

触るたびに気持ちいいのです。

 

②カタカタしない。

何もケースを着けないと、テーブルの上に置いたりして使っているときに本体がカタカタしますが、これなら大丈夫。

その上、滑りにくい素材なので、机の上に置いて片手操作もできます。これがとっても便利!

 

まぁ、外付けのケースを着けないとカタカタしてしまうスマホもどうかと思いますが。

レンズが出っ張ってしまう分、バッテリー容量を増やしてくれたほうが助かります。

 

 

③バッテリーが減らない

ずーっと本体のバッテリーが100%なのです。

ケースのバッテリーから使い、空になるとiPhone本体のバッテリーを使用するようになるので。

 

ずっと本体の充電マークがついており、電池の劣化につながる可能性もありそうですが、そこは大丈夫。だって、iPhone純正だから。

(ね、大丈夫ですよね、Appleさん??)

 

④充電がラク

外付けのモバイルバッテリーを持ち歩くと、自宅に戻った際にiPhoneとモバイルバッテリーをそれぞれ充電器につなぐ必要がありましたが、今はとってもラクになりました。

 

iPhoneを充電器に繋ぐ。それだけ。

自動的に両方とも充電されますので。

 

 

ではでは、気になったことも挙げていきましょう。

①バッテリーの減りが気になる

むむ⁉ だと思います。私もそうですが。

 

常にiPhone本体のバッテリーが100%表示であることをキープするために、Smart Battery Caseの残量を気にしてしまいがちになりました。

 

標準の1.8倍ぐらいの電池容量(iPhone本体+Smart Battery Case)になったのに。これは予想外でした。

 

②イヤフォンが挿せない

導入する前から聞いていたことですが、本当にイヤフォンが挿せないのです。純正のものしか使えないと思えるほど。

 

しかし、Bluetoothを使っているので、あまり不便は感じていません。新しいiPhoneではイヤフォン端子も廃止されてきていますし、時代の流れということで。

 

Smart Battery Caseのバッテリーを使い切り、本体のバッテリーも使うことに、これから慣れていこうと思います。

外出中はもちろん、自宅にいても、就寝前以外は充電器に繋がない、ということに。

iPhone 6/6s Smart Battery Case

 

ずっと気になっていたコレ、導入してみました。

 

 iPhone 6/6s Smart Battery Casef:id:sibaduke:20190110114251j:plain

 

コレ、前々から気になっていたのですが、なかなか導入していませんでした。

純正なので、良いお値段なのです。

 

でも、思い切って導入した理由はiPhone 6sのバッテリーを交換したから。

正直なところ、最新の機種に買い替える理由がないし、まだまだ使えそうなので。

 

sibaduke.hateblo.jp

 

バッテリーケースの魅力は、iPhoneを充電中もケーブルなどを繋がなくて良いところ。

サードパーティ製品なら半額以下とかの値段だったり、モバイルバッテリーならもっと安かったりします。

 

 

でも、沢山ある中からこのバッテリーケースを選んだ理由、それは

①「純正」であること

 質感が流石な感じ。純正ならではの「ロゴ」も。

 ウィジェットで両方のバッテリー残量が確認できるのが便利。

 

②Smartなところ

 自動的にiPhoneを充電、その後Caseが充電される。

 Caseのバッテリーから減っていき、その後iPhoneのバッテリーを使用する形。

 

 

③持ちやすくなるところ

 裏面の「膨らみ」のおかげで、持ち上げやすくなった。

 

 

④荷物が減らせるところ

 モバイルバッテリーやケーブルが要らず、カバンの中がスッキリ!

 

おお、挙げていくとドンドン出てくる♪

導入してみて良かったです!

 

持ち歩いているのに、常にバッテリーは100%という不思議。

マリオでスーパースターを取った時のような無敵感(笑)

 

 

 さて、気になる点も挙げておきましょうか。

 

①売っている店が少ない

 今どき6sのバッテリーケースを買い求める人は少数なのか、どこのお店でも見かけることが少ないです。Apple Store店頭にもありませんでした。

 

Apple Storeのオンラインショップでは取り扱いがあったりします。

 

②イヤホン端子が・・・

 挿すための穴は開いているのですが、細いので使えるものが限られる。

 bluetoothのイヤフォンなどを使えばOK。

 

ぐらいでしょうか。

iPhone 6s、あと何年ぐらい使っていけるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

iPhone 6s のバッテリー交換 (配送修理)

お使いのiPhone、最近バッテリーの減りが早くなったり、突然シャットダウンしてしまったりしていませんか。

 

減りの早さをどうにかしたい。でも、最新の機種に買い替えるほどでもない。今ので十分だし。

 

そんな方はバッテリー交換をすれば良いかと。

今回、私も交換しました。

iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート 公式サイト

 

2018年12月までに申し込むと、特別価格でバッテリー交換ができ、申し込んだのですが、結果として年内に返ってきませんでした。

 

特別価格でバッテリー交換できた対象機種(3200円+税)

iPhone SEiPhone 6iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7iPhone 7 PlusiPhone 8iPhone 8 Plus、iPhone X

 

 

バッテリー交換は

Appleストアに持ち込んでバッテリー交換

という方法がありますが

→予約がほぼ必須、かつ予約がほぼ埋まっている。

 

という訳で、もう一つの方法

配送修理

公式サイトのサポートページから申し込みました。

→往復の送料無料、店頭に出向かなくてOK。

 →3~6営業日で修理

 

しかし、とっても時間が掛かりました。

 

↓こんな感じ。↓

 

12/10 郵送修理を申し込んだ

12/11 ヤマトが集荷に来てくれた

12/13 修理センターに到着した

 

 

その後、長らく進展がなく、気長に待っていましたが。

 

・・・

 

「あけましておめでとうございます!」

 

・・・

 

1/7 「修理センターに到着しました」とのメールが到着

→いえいえ、12/13には届いてますって(笑)

1/8 修理(バッテリー交換)が完了&発送

1/9 ヤマトが自宅まで届けてくれた

 

Appleに確認したところ、修理センターに届いた順に修理が行われるとのこと。

つまり、特別価格が終了間近ということで、申し込まれている方が相当数いたようです。

 

私は修理期間中、これまで使っていたiPhoneと年を越しましたが、代替機の無かった方は不便だったことと思います。

 

現在は特別価格は終了しており、店頭修理、郵送修理ともに、上記のような混雑は緩和してきていると思います。

価格についても、基本的にこれまでの通常料金よりは安くなるようです。

 

iPhoneが手元にない時間を最小限にしたい方は、店頭修理をオススメします。来店前に予約をしておけば、スムーズにバッテリー交換できますので。

 

バッテリーの最大容量

100%に戻りました。

 

「ほ♪」

 

 

『へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」』

ワイ島に行きたい。ハワイではなく。

 

へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」 (テーマガイド)

 

今回読んだ本は『へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」』です。

 

ハワイと聞いて、まずハワイ島を思い浮かべる方って、どれくらいいらっしゃるのでしょうか。

おそらく、かなり少数だと思います。

ちなみに私の場合はハワイ島な訳ですが。

 

ワイ島って、あのワイキキビーチがあるトコでしょ?

と思い浮かべる方が大半ではないでしょうか。

いえいえ、それはオアフ島ですよ~。

 

ハワイといえばワイキキビーチ、でもそれがあるのはハワイ島ではなく、オアフ島

ハワイに行ったことがない方なら、頭がこんがらがるかもしれません。

なぜなら、以前の私もそうでしたから。

 

 

ワイ島とその他の島を区別するとき、ハワイ島のことを「ビッグアイランド」と呼ぶことがあります。その名の通り、ハワイ諸島の中でずば抜けて大きな島だから。

 

意識して他の島と区別するときはこう言ったりしますが、無意識だとつい「ハワイ」と言っている私のようなハワイ島好きな方、けっこう話が合うかも(笑)

 

 

ワイ島は広いわりに人が少なく、観光スポットの数もオアフ島に比べると圧倒的に少ない。そのせいか、単にハワイというと、オアフ島のことであることが多いように感じます。

 

私の経験ですが、オアフ島に降り立った時は、

「外国に来たぞ~」な感覚でしたが

 

ワイ島に降り立った時は

「帰ってきた~」という感覚でした。

 

これが、マウイ島やカウアイ島などでは感じられなかったんですよ、えぇ。

ひたすら溶岩の大地が続き、見どころも少ない島なのですが。

 

ハワイの中で、私が行きたいのはハワイ島のみ。

そのため、専門のガイドブックがあったら見やすいのになぁと思っていたところ、この本を見つけた訳ですよ。

 

ハワイではなく、ハワイ島のことを知りたいという方

広い大地のエネルギーを感じたいという方には、参考になるかもしれませんよ。

 

 久しぶりに「帰りたいなぁ~♪」

へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」 (テーマガイド)

へなしゅんの「ハワイ島へ行こう! 」 (テーマガイド)

 

『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』- 四角 大輔, 富松 卓哉, 長田 雅史, 野澤 哲夫

 

なんかイイ、すごくイイ!

 

 LOVELY GREEN NEW ZEALAND  未来の国を旅するガイドブック

 

よし、今からニュージーランド行ってきます!

と言いたくなった一冊でした。

 

 

今回読んだのは

LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

です。

 

 今の私にとって、ニュージーランドは何だか魅力的。でも、行ったことはない。

正直なところ、オーストラリアとの違いもよくわからない。でも、何だか魅力的。という訳で手に取ってみた訳ですが。

 

その答えは本の冒頭に、四角さんが書かれていました。

読んでみて、「なるほど」と理解。

さすがに、長い時間を掛けて夢の移住を叶えられた方の言葉だけあります。

 

その後のページでは、美しい写真と共にニュージーランド全体の魅力的なスポットが紹介されていました。

ページをパラパラとめくり、写真を眺めているだけでも楽しめます。

 

読んでみて印象に残ったことは、どのエリアも魅力的だということ。

そして、想像・期待していた以上の国に見えたことでした。

 

 

しかし、ニュージーランド全体の魅力的な所が紹介されていたため、どれがどこにあるのか頭の中で繋がりませんでした。

 

ならば、一度行ってみるしかありませんね~!

さて、まずはどのエリアから行こうかな♪

 

LOVELY GREEN NEW ZEALAND  未来の国を旅するガイドブック

LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック

 

『やめてみた。』- わたなべ ぽん

苦手なことをするとき、やらねばならないだと、なかなか重い腰が上がらない。

部屋を片付けねばならない、本を読まねばならない、早起きせねばならない、などなど人それぞれだと思います。

 

やらなくて構わないことなら、やらなくていいですが、やる必要があるから、ねばならないと思うのでしょう。

 

 

そんな時に効く魔法の言葉、それは、やってみたではないでしょうか。

 

今回は『やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方』を読んでみました

 

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

 

コミックエッセイの形式なので、普段読書の習慣が無かったり、活字を追うのが苦手な方でも手に取りやすいです。

 

本を読まねばならないではなく、本を読んでみた、といったほうが心が軽いですよね。

 

 

人間は習慣の生き物。日々の生活の大半は意識的というよりも、なんとなくやり続けていることが多いと思います。

その中で、やめられないことや、変えたいけどなぁということってありますよね。

 

今作では、思い切って覚悟をきめるよりも、とりあえずやってみた、という形をとってみた体験談が描かれていました。

 

 

私が一番「なるほど」と思ったらものは、疎遠になりつつある友達との関係でした。

もともと仲が良かったから付き合っているけど、最近どうも合わないという人って時々出てくると思います。

 

そんなとき、あなたならどうしますか。

 

 

『ダーリンの東京散歩: 歩く世界』- 小栗左多里&トニー・ラズロ

『大の字』シリーズ。

オーストラリア、ハワイと読んで、今回はついに国内です、それも東京。

 

 

今回読んだのは

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

ダーリンの東京散歩: 歩く世界』です。

 タイトルに『大の字』とありませんが。

 

『大の字』シリーズを読んだことのある方にはお馴染みの、全編イラスト構成。

写真よりも温かみが感じられます。

(画才があるっていいなぁ~)

 

↓過去記事↓(オーストラリア編)

sibaduke.hateblo.jp

 

↓過去記事↓(ハワイ編)

sibaduke.hateblo.jp

 

私にとって「旅行」というと、飛行機に乗って海外に「遠出する」という印象。

日常を離れて違う文化を味わえる上、国内旅行よりも安いこともしばしばなので。

 

 

しかし、今回の本を読んで感じたことがあります。

それは、都内を「散歩」する機会が少ないということ。

 

交通機関が発達しており、目的地に早く着けるので、乗り物に乗りがち。

そうすると、その間に点在する見どころは通過してしまっているのです。

 

仕事のある日は、真っすぐ職場に・自宅に帰り、途中下車は意識的にでないとすることは少ない。

休日には、わざわざいつもと同じルートを通りたいとは思わない。

 

つまり、すぐ近くに「在り」ながら、「無い」のです。

これは勿体ない♪

 

 わざわざ飛行機のチケットを取り、ホテルを予約しなくても、休日に「ふらっと」出かけられる近場を散歩してみたくなった一冊でした。

 

今作は、語学オタクなトニーさんの知識が沢山載っていました。

少し古い表現ですが、「へぇ~」と思いながら読み進めましたよ。

 

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

ダーリンの東京散歩: 歩く世界

 

 

『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』- 神田桂一 菊池良

タイトルを読んだだけで、内容は推して知るべしですが(笑)

 

浅い、ほんとうに浅い・・・。

こんなにタメにならない本、久々かも。

 

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

 

ああ、予想通り。

ほんとうにカップ焼きそばの作り方しか書いてありませんでした。

さおだけ屋」とは大違い。

 

 

世界的な名著で、本棚にしまっておきたい本ではないです。

読まなくても大丈夫です。

 

ただし、ほんとうにスゴかった。

文体の違いだけで、これほどまでに世界観が変わるとは。

事実としては、ただカップ焼きそばを作っているだけなのに。

 

普段あまり意識したことはありませんが、作家さんごとに文体ってかなり個性がでるんですね。

印象付けるために、あえて作っているのか、それとも自然にそうなるのか。

 

私にとって一番印象的だったのは、雑誌の記事風に書かれた文章たちです。

『POPEYE』のバージョンを読んだ時に、ヤラれた(笑)。

 

小説とは違い、雑誌は一人の方が書いているのではなく、何人もの方が書いていますよね。

でも、始めから終わりまで違和感なく読める。

つまり、統一感がある。

 

ふと、そんなことに気づきました。

読んだ甲斐、あったのかもしれません。

 

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

 

 

からし色(マスタード色)

最近、人気なんですかね。

 

つい先日出かけた際、からし色の服を着ている方を沢山見かけました。

ブームなのか、秋という季節だからなのかは分かりませんが。

 

人の多いところだったので、偶然にも

からし色、からし色、からし色、なんていうことも。

そして皆さんトップスが、からし色 。

 

どなたも、とても似合っているように感じられました。

肌の色に近いからかもしれませんね。

 

後でふと、竹内まりやさんの曲を思い出しました。

タイトルは・・・「September」。

 

なるほど。

純喫茶

家で飲むコーヒーってなぜおいしいんでしょう。

 

それは、好きな豆を、好きな器具で淹れて、好きな量のきび糖と牛乳をいれるからでしょうか。

半分合っていて、残りの半分は自宅という環境だからかもしれません。

 

 

そんな私ですが、先日は純喫茶に行きました。

そこに用事があったのではなく、友人と会い、どこかでお茶をしようという話をしていたところ、通りがかったのです。

 

そこは住宅街の中にある、昔からありそうな感じのお店。

ケーキセットやバナナスムージーという手書きのメニュー、初めて訪れた私たちを温かく迎え入れてくれたお店のおばさん。

 

席に着くと、机の上にはお菓子の入ったお皿が。

一口サイズのビスケットなどがこんもりと。

 

お水を持ってきてくれたマスターが、「ご自由にどうぞ」との一言。

私たち、まだ注文をする前からこの店を気に入ってしまいました。

 

私が頼んだのは「カフェオーレ」。

メニューにはサイフォンで一杯ずつお淹れしますとの記載が。

 

飲んでみると、おお美味しい。さすがプロです。

美味しい「カフェオーレ」を飲みながら話が弾みました。

 

地元のお客さんがふらっと立ち寄る雰囲気。

シアトル系コーヒーなどとは客層が全く違い、持ち込めるノートパソコンはMacBookのみ、という縛りはありません。

そもそもパソコン持ち込んでいる方は一人もいませんでしたが。

 

仕事バリバリ出来ますよ、といったオーラを出す必要もなく、とにかくリラックスできました。

 

特に違いを感じたのは、他のお客さんとの関係です。

サービスのお菓子を、持って帰っていいですよとマスターに言われたおばあさん、私と目が合って嬉しそうに見せていました。

 

個人主義な空気に包まれた都会で、こうした雰囲気が残っている場所、まだあるんですね。

とてもあったかい気持ちになりました。

 

また行きたいなぁ。ふらっと立ち寄りたい。

そんな店でした。

スマホゲーム『ピーターラビット -小さな村の探しもの-』

 久々に、ハマったゲームがあります。

 

ピーターラビットの世界で探しものをするというこのゲーム、絵本の世界を楽しもうという軽い気持ちで始めてみたのですが、なかなか楽しいのです。

 

ゲームなので、制限時間内に探すというルールこそありますが、アクションゲームなどのように瞬発力は必要とせず、ちょっとした空き時間に遊びたくなるのです。

 

初めのころは、探しものも簡単に見つかるのですが、ダンジョンのレベルが上がるにつれ、場面に擬態していき、なかなか見つけるのが難しくなっていきます。

レベル5とかになってくると、初心者には見つけることができないのでは、と思うほど。

 

かつてのスマホゲームのように、しっかり楽しむには課金しないといけないといった感じはなく、無料のままで楽しめています。

 

お金を掛けるなら、課金よりも画面の大きなスマホにしたほうがいいかと。

あ、でもそれでは簡単にクリアできてしまうかな。

 

ピーターラビット - 小さな村の探しもの -

ピーターラビット - 小さな村の探しもの -

  • Poppin Games, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

『たのしい回文:くるくる回るアタマをつくろう』- せとちとせ

突然ですが、「回文」ってご存知ですか。

「うたうたう」といったように、頭から読んでも後ろから読んでも、同じように読める言葉のことです。

 

特にこれといったメリットがあるわけでもなく、言葉遊びの一つのようなもの。

そんな「回文」ですが、これに特化した作品を見つけました。

 

たのしい回文:くるくる回るアタマをつくろう

 

軽い気持ちで手に取ったのですが、読み進めていると、なかなか濃い

子供の頃、興味本位でカルピスの原液を飲んだ時のような衝撃でした。

レベルを設定するなら、回文好きの「中級者以上」としたいところ。

 

 読み仮名が振られてはいるのですが、初心者としてはそれを読むだけで一苦労。頭がパンクしそうになりました。

でも、回文好きな方々の頭の中ってこうなっているのかなと思ったり。

 

作中には、全ての台詞を回文でつくった落語が登場していましたが、もし回文だと知らされていなかったら気づかなかったかもしれません。違和感こそ感じたかもしれませんが。

 

回文づくり、ボケ防止によさそうですね。

え、私ですか? 遠慮しときます(笑)

 

たのしい回文:くるくる回るアタマをつくろう

たのしい回文:くるくる回るアタマをつくろう

 

 

秋が一番。

もうすぐ秋ですね〜。

 

私は秋が好きです。暑くもなく、寒くもなく。

窓を開けると心地よい風が入ってきて。

 

 

春も好きですが、花粉やら何やら飛んできて、その時期が終わったと思ったら梅雨。

ううむ、やっぱり「秋」派です、私は。

 

この心地よい風がエアコンから出せればなぁ。

全館空調とかで、家全体が年中こんな風に出来たらなぁ、なんて。

 

人が宇宙に移住し始める頃までには実現してほしいものです。

 

でも、やっぱり自然の風が一番好き。

秋の始まりを感じる、この心地よい風が好き。

『ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方』- ゲッターズ飯田

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

 

なんだか最近、マイナスなことが重なる。「運が悪い」なぁ。

そう感じて気分が優れないなんてこと、経験したことのある方もいらっしゃると思います。運は目に見えませんからね。

 

そんな時は何をやっても上手くいかないから、大人しくしているというのも一つの手。しかし今回は、「運が良い・悪い」について別の見方に触れることができました。

 

今回読んだ本は『ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方』です。

ゲッターズ飯田さんといえば、テレビなどで赤いマスクを着けていらっしゃる占い師の方です。「あぁ」という方も多いはず。

 

この本では、占いでしばしば耳にする

運気の「良い」「悪い」を

「表運気」と「裏運気」と表現していました。

 

運気というものには、誰でも波があり、「裏運気」の時は普段自覚できていない裏の自分が表に出てくるといったものです。

これまでと違うものに興味が湧いたり、大好きだったものがどうでもよくなったり。

 

運には周期があり、いつか必ず「裏運気」がやってくるとのこと。

その時期にはどのようなことを心掛ければいいのか、参考になるアドバイスが書かれていました。

 

「なんだか最近は八方塞がりだなぁ」

と感じている方は、もしかしたら「裏運気」の時期なのかも。

 

ピンチと感じていたものが実はチャンスであったり。

「裏運気」の波、せっかくなら乗りこなしてみようではありませんか。

 

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方