由有り事。

徒然なるままに。

2度目の「Apple Music」無料体験

「おかわりですかぃ?」

 

サービスが始まった頃、使っていたことのあるApple Musicですが

私は他社のサービスも使っており、こちらはトライアル期間をもって解約していました。

 

 

先日、iPhoneに見慣れない通知が。

Apple Musicをもう一度無料体験しませんか、とのこと。

 

あまり使う機会がなくて解約したのですが、無料なら久しぶりに使ってみるのもアリかと、もう一度登録してみました。

 

初回は3ヶ月無料だったと思いますが、今回は1ヶ月無料とのこと。

 

 

使い勝手は、、、あまり変わっていない印象ですね。

私はまたトライアル期間だけ利用して解約する予定です。

 

 

初回のトライアル期間が終わり、解約していた方も、この通知が来たらもう一度体験してみる価値はあるかもしれません。

但し初期設定では、無料期間が終わった後に自動で更新するようになっています。

 

 

ちなみに、トライアル期間中でも自動更新は解除することができます。

 

この手続きをしておけば、特に費用が発生せずに楽しめますよ。

自動更新を解除しても、満期まで無料で使えるのは嬉しいですね。

 

 

もし、使ってみて気に入れば

月額980円のプランが選択されていますが

年額9800円のプランに変更しておくのもアリかと。

 

一年使えば、毎月のプランに比べ実質2ヶ月分無料で利用できますので。

音楽は「所有」から「定額配信」へ

私は最近、CDを買わなくなりました。

その理由は、あまりに沢山持ちすぎて聴ききれないから。

 

ある日、ふとiTunesのライブラリを見ていた時

一度も再生していなかったり、最近聴いていない曲がとても多いことに気づきました。

 

大ブレイクした曲も、大好きだったアーティストの曲も。

手に入れた喜びって、そんなに長く続かないようです。

 

 

かつて音楽配信が始まった頃は、一曲ごとに買うと割高に感じ、あまり使いませんでしたが

今や定額で好きなだけ聴ける時代、あえて「所有」する必要性ってなくなってきましたね。

 

あとは、音質でしょうか。

CD並みの音質で聴けるようになると嬉しいですね。

 

最近流行りのハイレゾ音質で聴けるようになったら、もはやCDを買う理由って無くなりそうです。

 

ジャケ買い」という言葉も、そう遠くないうちに古い言葉に感じる時代がくるかもしれませんね。

『夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方』- 大鈴 佳花

夢を叶えるにはどうしたらいいのか。

 

その方法って、沢山あると思います。

 

御守りを買う

パワースポットに行く

天に祈る

紙に書き出す

夢を語り続ける

ひたすら頑張る

などなど・・・。

 

人それぞれ、といったところでしょうか。

 

大抵の場合、どこかで聞いたことのあるやり方が多い中

 

今回手にした本では、私がこれまでに聞いたことのない

斬新な方法が解説されていました。

 

 

今回読んだ本は『夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方

著者は大鈴佳花さんという方。

 

この方の肩書は「未来覚醒スペシャリスト」。

読む前は「ん??」でしたが、読んだ後はすんなり理解できましたよ♪

 

 

私は本を読み始める前、先に裏表紙を開き

著者の紹介を読むことが多いのですが

 

この方の人生は壮絶そのものでした。

紹介文のまぁ長いこと(笑)

 

しかし、特別な体験をされてきた方ならではの

「気づき」を学べることは、読書の魅力の一つ。

一気に読んでしまいました。

 

 

さてさて

 

この本で紹介されている、夢を叶える方法は

未来を「想い出す」とのこと。

 

はじめは頭の上に「?」マークが浮かんでいましたが

読み進めていくうちに理解できました。

 

また後半のほうに、未来を想い出すための「ワーク」があるのですが

これがなかなか興味深かったです。

時間をかけてじっくり取り組むと良いようです。

 

夢を叶えるために、これまでに色々な方法を試してこられた方も

一度試してみる価値があるかもしれません。

 

特に、目に見えないものの存在を信じられる方には

読みやすい一冊のように感じました。

 

夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方

夢が本当にすぐ叶う 「引き寄せ脳」の作り方

 

 

 

いつもの日常+1

先日、一年ぶりに合った友人がふと

「人って、同じような日々の繰り返しを生きているだけだよね。」

 と一言。

 

本人としては、何気なく口にしたようでしたが

私はその瞬間、雷に打たれたような感覚になりました。

 

一年前の自分と今日の自分を比べてみて

あんまり成長してないなぁ、と。

 

 

昨日は有意義な一日を過ごせましたか?

何か特別な予定をこなしていたら、そうかもしれませんね。

 

 では、日常生活の場合はどうでしょう。

それでも有意義な一日を過ごせましたか?

 

 

どうやら人って、意識をしないと

代わり映えのしない日々を何となく生きてしまうようです。

まるで自動操縦のように。ラクですがねぇ。

 

同じような日々を過ごすのは楽だけど

得るものも特にないというのは寂しいところ。

 

 

友人が落としてくれた(?)雷のおかげで

ひとつアイデアが浮かびました。

 

それは、いつもの日常に加えて「1つの何か」をすること。

小さなことでも何でも。

 

 

普段、読書の習慣がないなら

10分だけでも読書をしてみる、とか

 

最近会っていなかった友人に

連絡をとってみる、とか

 

日々に小さな「+1」をすることで、有意義な一日になりそうですよね。

一年後の自分はもっと魅力的になっているかもしれません。

 

 

語釈がユニークな『新明解国語辞典』

知らない単語が出て来た時、手を伸ばすのは何でしょうか。

現代ならインターネットで検索する方が一番多いのかもしれません。

 

少し前なら電子辞書でしょうか。

一つの言葉を入力すると、複数の辞書の内容が表示される上、コンパクトなのでどこへでも持ち運べる。

 

海外旅行のお供に、という使い方をされたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

電子辞書よりも更に前、この役目を担っていたのは「紙の辞書」でしょう。

 

学生の頃、一冊は紙の国語辞典を持ったほうがいいと言われ、辞書を買いに行きました。

しかし、書店の辞書コーナーに行ってみると、どの国語辞典も同じように見えて、選ぶことができませんでした。

 

その後しばらくして

新明解(国語辞典)が面白い。」という話題を耳にしました。

なんと、解説が独特とのこと。

 

特にこだわりもなかったので、とりあえず新明解を買ってみました。

 

実際に使ってみると、確かに「独特」でした!

他の辞書と比べて、人間味があるといった感じでしょうか。

 

衝撃的だったのは、「恋愛」についての解説です。

「恋愛したい!」と感じられるような語釈でした。

 

また、魚介類について調べると結構な割合で「味の感想」が述べられていたのも驚きでした。

作られた方、かなりの魚介好きだなぁと感じられたほど。

 

紙の辞書なので嵩張り、情報も古くなっていくことは否めませんが

紙の国語辞典の購入を検討されている方にはオススメしたい一冊です。

 

新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版

 

 

 

 

 

韓国のラジオ局「文化放送(MBC)」を聴く

韓流といえば、一時期ものすごい盛り上がりを見せていましたよね。新大久保を歩けば韓国関係のお店ばかり。まるで「リトルソウル」とでも呼びたくなったほど。

 

ただブームは長く続かず、去年行ったときは、韓国の食材を買うのにも苦労しました。いくつものスーパーが閉店していたのです。最近触れる「韓国」といえばキムチぐらいでしょうか。

 

私が韓国語の勉強を始めたのは、少女時代が日本でデビューする少し前のこと、また辛ラーメンが日本に上陸する少し前のことでした。

 

韓国に行った際、現地の男の子が「めっちゃめちゃ可愛いアイドルがいるんだ!」とPVを見せてくれたのを今でも覚えています。まさかそのグループが日本デビューするとは思っていませんでしたが。

 

「少女時代のメンバーとお喋りするぞ!」という理由から始めた韓国語、ハングルも読めるようになり、一人で韓国旅行も行けるようになりました。

 

ただ、何かが足りないと感じたのです。

「ネイティブのスピードについていけない」ということに。

 

日本語なら早口で話してくる方の言葉を理解出来ますが(当たり前かな?)

韓国語だと、語学講座ぐらいのスピードにしかついていけないのです。

 

 

 

そこで始めたのが、韓国のラジオを聴くこと。

ラジオなので、他のことをしながら無意識に聴き続けているという感じです。

何よりも、ネイティブのスピードに耳を慣らさねばということで。

 

聴取の方法はインターネットラジオになります。

その中で、ネット専門ではなく、現地で普通にFM放送がされている局を探してみました。

 

選んだ放送局は、文化放送(MBC)です。

MBC mini (MBC 미니)というアプリがあり、無料で聴取できます。

MBC mini

MBC mini

  • iMBC
  • エンターテインメント
  • 無料

 

使わなくなったiPhoneiPadがあれば、活用できますよ。

私もそうしています。

 

普段聴いているのは

FM4U→FM 91.9MHzという放送。

 

特に好きな番組は

「오늘아침 정지영입니다」(毎朝9~11時)です。

英語タイトルは「This Morning」

パーソナリティの女性(チョン・ジヨンさん)の声がとっても魅力的なのです。

 

 

 

韓国語のマスターには

「アジン モロヨ~♪」(まだまだ先は長いです)

 

まあるいヒゲソリ「IZD-210U-S」(泉精器製作所)

仕事柄、しっかりヒゲ剃りをしなくては。

でも、しっかり剃ると血が出てしまう・・・。

う~む。

 

先日、そんなことを友人に話したら

「まあるいヒゲソリ、知ってる?」との一言。

 

ん? な、何それ?

 

すると、カバンの中から取り出して見せてくれました。

ドラえもんかい!(笑)

 

↓それがコレです↓ 「IZD-210U-S」(泉精器製作所)

f:id:sibaduke:20180526140411j:plain

 

え? こ、これがヒゲソリなの?

という第一印象でした。

 

シェーバーというと、刃が横に並んでいることが多いと思いますが

こちらの刃は回転式なのです。

 

普通のシェーバーで剃った後でもさらに剃れる上

肌がヒリヒリしにくいよ、とのこと。

 

早速、私も試しに購入してみました。

3000円ぐらいだったかな。

 

使ってみると・・・

 

ヒゲが剃れているときに

「チリチリ~♪」

という快音が聞こえ、剃れていることを実感。

 

深剃りしても、肌がヒリヒリする感じはありませんでした。

剃ることに関しては文句なしですね。

 

但し、剃った後の掃除はひと手間でした。

 

水洗いできないのが残念・・・。

シェービングジェルなどの使用もNGのようです。

 

とはいえ、こんなに手ごろな価格で

満足のいくシェーバーに出会えたことは意外でした。

何も塗らず、乾いた肌の状態で剃れることも。

 

カミソリ負け・シェーバー負けが気になる方は

試してみる価値があるかもしれません。

 

IZUMI 回転式シェーバー メンズ IZD-210U-S シルバー

IZUMI 回転式シェーバー メンズ IZD-210U-S シルバー

 

iOS向け広告除去アプリ「280blocker」

Webの広告、鬱陶しくありませんか?

 

Safariでインターネットを見ているとき

ふいに画面の端に「ニョキ!」っと現れたり

画面の全体に「ドーン!」と現れる広告

 

興味がないのに「ポチッ!」とさせられたときの何とも言えない悔しい感覚。

せっかく大きな画面のやつを買ったのに、広告をでっかく見るために買ったんじゃないわい♪

 

「280blocker」

そんな方にお勧めのアプリです。

 

買い切りタイプなので、一度買ってしまえばiPhoneiPad、そしてiPod touchまで、ご自身のiOS端末に入れて使えます。

月額料金が掛かるなら、私も導入してなかったでしょうが(笑)

 

入れてみたらところ、画面がスッキリしました。

いかに広告の多かったことか。

 

効果としては

ネット検索が使いやすくなるだけでなく、余計なデータ通信が抑えられるため、一石二鳥。

 

注意点としては

iPhone 5などの古い端末では利用できないこと、またSafari以外のアプリでは広告除去の効果がありませんので、必要に応じて導入してみてはいかがでしょうか。

 

 App Store「280blocker」

大温室(新宿御苑)

新宿御苑といえば、どんなイメージを持たれますか。

私は何と言っても「芝生」です!

 

とにかく広い芝生の上で「ゴロッ」としながら、新宿をはじめとしたビル群が遠くに見える。

そんなことをするために新宿御苑に行ってまいりました。

 

かなり久しぶりの訪問だったため、新しい建物が出来ていました。

それがこの「大温室」。

f:id:sibaduke:20180215212349j:plain

2012年の11月にリニューアルオープンしたそうです。

外観はまるで美術館のようですね。

 

まだまだ寒い季節だったので、暖をとるのも兼ねて寄ってみました。

 

印象としては、

「寄って大正解!」

 

観葉植物としてお馴染みのものから、南国でしか見られない珍しいものまで見られたのです。

 

たとえばこんな

f:id:sibaduke:20180215214341j:plain

バナナまで♫

アカバナナ」という食用品種だそうですよ。

 

一つひとつ挙げていったらきりがないほど、多種多様な植物が栽培されていました。

この「大温室」だけで入園料(200円)の元が取れると感じる程に。

 

まぁ勿論、その後は園内を散策したり、芝生で「ゴロッ」としましたが(笑)

 

新宿御苑にお出かけの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』(原題:5 Flights Up)

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [Blu-ray]

 久々に映画鑑賞を。ジャケット写真を見た瞬間に、「これ観よう!」と思ったのです。いわゆる「ジャケ買い」的な感覚でしょうか。

 主演の一人がモーガン・フリーマン(Morgan Freeman)ということも、理由の一つでした。以前観た映画『最高の人生の見つけ方』も、とても好きな作品でしたので。

 

 今作は、眺めの素晴らしいアパートの5階に住んでいる夫妻のお話。とても気に入っていて、かれこれ40年住んできた家ですが、なんとエレベーターが無いのです。

 将来のことを考え、暮らしやすい部屋に住み替えを検討する夫妻ですが、良い買い手が見つかり、自分たちも理想的な部屋に巡り合えるのでしょうか。といった内容です。

 

 私としては、部屋の売り買いのシーンが印象的でした。アメリカらしいシーンなのでしょうかね。

 

 

高級店の紙袋

 普段の買い物で頂く「袋」、たいていはビニール袋のことが多いですよね。電池一個やお茶一本といった時はテープで済ませることもありますが、何かと便利そうなので袋に入れてもらうことが多い気がします。

 高級なお店で頂く「袋」、たいていは紙袋のことが多いですよね。わざわざ袋に入れなくても良さそうなものでも、何かと便利そうなので袋に入れてもらうことが多い気がします。

 

 しかしその後の使い道はどうでしょう。ビニール袋はごみ捨てなどの際に使えるのですが、一方で紙袋はどんどん溜まっていくのです。

 誰かに物を渡すときに紙袋に入れることがありますが、その際は袋と中身の差が少なくなるようにしています。開けた時にガッカリされてはいけませんからね。

 

 そんなことをしているうちに、残っていくのは高級なお店の袋ばかり。となれば、一層のこと普段のカバン代わりに利用していくのが良さそうですね。汚れたり破けたりしてきたら、古紙のリサイクルに出せば良いですし。

 しばしばこういった人を見掛けたことがありますが、あれは有効な使い道だったんですね。

『若草の頃』(原題: Meet Me in St. Louis)

若草の頃 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 [DVD]

 監督:ヴィンセント・ミネリ(Vincente Minnelli)

 主演:ジュディ・ガーランド(Judy Garland)

 

 この作品の舞台は1903年のアメリカ、セントルイス。この映画が公開されたのは1944年、どちらの年に日本を当てはめても、「アメリカ、進んでいるなぁ」と感じられる作品でした。

 

 ミュージカル映画というと、いきなり歌ったり踊りだしたりの繰り返しというイメージを持っていました。あの少しオーバーなくらいのノリ、とでも言いましょうか。

 

 この作品は、そんなイメージとは一味違っており、あくまで自然な家族の日々を切り取ったような印象。そのため、ストーリーも奇をてらったところがなく、むしろ新鮮に感じられました。

 

 今から73年も前に公開された映画だというのに、映像も音声も綺麗なのです。当時から、アメリカの映画制作の技術は高かったんですねぇ。

 

若草の頃 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 [DVD]

若草の頃 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 [DVD]

 

 

 

『君の名は。』

君の名は。

 

 東京の町並みが綺麗に再現されていたことなどで話題になった一作、ついに観ました。公開前、小説で読んでいましたが、映画版は期待以上の仕上がりでしたね。

 

 小説を読んだ際、頭の中で映像が再現されていたせいか、まるで映画を観たような気になっていたのです。監督である新海誠さん自身が書かれているので、それも当然かもしれませんが。

 

 映画は今度観よう、なんてしているうちに時が経ち、「はっ!」としたわけです。そういえば、まだ観ていない・・・と。

 

 東京に慣れている方も、まだ上京したことのない方も、美しく描かれた街並みに感動すると思います。ただ、東京に住む誰もがあんなに「素敵なカフェ」に通っているわけではありません。安心して下さい、彼らが洒落ているだけです。(え?そう思うのは私だけ?そんなぁ。)

  

『プールサイド・デイズ』(原題: The Way Way Back)

プールサイド・デイズ [Blu-ray]

 

 パッケージを見た瞬間、コレ観ようと思った一作。主役の少年ダンカン(演:リアム・ジェームズ)が、離婚した母と新しい彼氏に別荘に連れて来られる話なんですが、この彼がまあなんとも根暗な性格。

 

 始めは周りの人々の中に溶け込めず浮いており、大丈夫かと心配になるんですが、途中で出会う適当男との出会いで彼に変化が。「ダンカ~ン♪」の辺りからイイ感じに変わっていくんです。

 

 ダンカンが、来年もしココに戻ってきたらどうなるのか、想像したくなる作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

『くらべる値段』- おかべたかし

 普段の生活で何気なく使っている品々に、こだわりをもっていますか。たいていの場合、好きなものなら高くても買うけれど、特に興味のないものなら、なるべく安く買いたいと思うことが多いですよね。

 

 好きなものを買うとき、私たちはモノの「価値」に注目するのに対し、興味のないものではモノの「安さ」に注目していると思います。

 

 「安さ」がもつオトク感も魅力ではありますが、値段が高いものには、それだけの理由があるのです。

 

 今回読んだ本は、そんな疑問に答えてくれる品々が沢山登場していました。高価な理由が分かると、「安さ」ではなく「価値」で選ぶ品々が増えるかもしれませんね。

  

くらべる値段

くらべる値段